蔡春樹|在鐵道上的奇幻旅行

關於部落格
  • 571373

    累積人氣

  • 1

    今日人氣

    0

    訂閱人氣

三億円事件45週年:(1968)

 1968年12月10日、戦後最大の犯罪ミステリーといわれた「三億円事件」が発生した。
東京・府中市で白バイ警官に扮した男が、東芝工場の従業員に支給する為のボーナスを
積んだ現金輸送車を狙い3億円を奪った事件。現場に多くの物証が残されていながらも
1975年に時効が成立した。本事件以降、多くの会社が給料の支給を手渡しから口座振込
に切替えるようになった。

 1975年(昭和50年)12月10日、公訴時効成立。(時効期間7年) 
 1988年(昭和63年)12月10日、民事時効成立。(時効期間20年) 

 3億円事件の被害額=2億9430万7500円 (憎しみのない強盗)


 現金輸送車が、府中刑務所裏の府中市栄町に差し掛かった折、白バイ警官が輸送車の
進路を塞ぐように停車。この時、白バイはバイクのカバーを引きずった状態で走行する
異様なものだった。

 現金輸送車の運転手が窓を開け「どうしたのか」と尋ねると「貴方の銀行の支店長宅
が爆破され、この輸送車にもダイナマイトが仕掛けられているという連絡があったので
調べさせてくれ」と言って、行員を輸送車から降ろさせた。

 この4日前に、支店長宛ての脅迫状が実際に送り付けられていた為、その場の雰囲気
に行員たちは気圧されてしまった。警官は輸送車の下に潜り込み爆弾を捜すふりをして
隠し持っていた発炎筒を点火。「爆発するぞ!早く逃げろ」と避難させた直後、輸送車
を運転し、そのまま逃走。このとき行員は、警官が爆弾を遠ざけるために輸送車を運転
していると錯誤し、「勇敢な人だ」と思っていた。

 この事件の目撃者は、行員のほか府中刑務所の職員、近くにいた航空自衛隊員など、
多数いた。しかし、これらの目撃者の証言は曖昧だったり、勘違いだったりした。


  犯人が残した遺留品は、実に120点に及ぶ、なぜ時効?

 犯人が残した遺留品が120点もあったので、犯人検挙に向けて楽観ムードがあった。
ところが遺留品はどれも特徴のないものばかりで、大量生産時代の障壁に突き当たる。

 各遺留品を手掛かりに捜査しても、大量生産で全国に出回っているので、現実的に犯人に
行き着くには無理があった。唯一決め手になりそうな拡声器は製造番号から5台が出回って
いることが判明、4台まで所在を確認できた。だが、残る1台は盗まれており、この最後の
1台が犯行に使われたと思われる。

 メガホンは白ペンキで2度塗装されていた。上の塗装がはがれた部分に4ミリ程の新聞紙
片が付着しているのを発見。1968年12月6日の産経新聞朝刊の婦人欄「食品情報」見出しの
「品」の字の右下部分の一部であることが判明。紙片を分析した結果、愛媛県伊予三島市の
大王製紙の工場で作られた物と判明。インクの具合、印刷状況から輪転機を特定、その新聞
が配達されたのが三多摩地区であることまで絞り込んだ。

 配部数は13,485部、販売所数は12ヶ所。住民の転出入が激しかった事や、新聞を購読する
家が頻繁に変わっていたことから捜査は難航、2年掛かりでやっと販売所を特定できたが、
時すでに遅く、配達先の住所録は処分されたあと、この方面での捜査も徒労に終わった。

 ジュラルミンケースに付着していた泥を精密検査した結果、現場から4キロ離れた国分寺市
恋ヶ窪の雑木林の土壌と酷似していた。この付近にアジトがあると見て、徹底的に捜索したが
これも成果を得られなかった。


 容疑者にリストアップされた者、実に11万人
(都立府中高校に在籍した、高田純次や布施明の名前も入っていたと言う。)

 捜査警官延べ17万人

 

 ※ 実に膨大な捜査範囲は、端的に言えば手がかりが無いという事。初動捜査の手抜かりが
最後まで尾をひいた。バイクカバーを引きずったまま犯行に及んだ犯人も決して冷静であった
訳ではあるまい。それ以上に、捜査当局の初動の甘さが、犯人にこの上ない僥倖をもたらす。
犯人をでっち上げる、冤罪事件とならなかった事が、只ひとつの収穫だった。
相簿設定
標籤設定
相簿狀態